9月24日まで、15年目記念セール第1弾

おままごとキッチン選びのポイント

安全性

まずは、一番大事なキッチンの安全性について調べましょう

塗装、材料
有害な塗料を使っていないかどうか。
また、アレルギーやシックハウス症候群を引き起こす化学物質を含む材料を使っていないかどうか。
購入した集成材を使用している場合にはパネルを作るときに木を接着している接着剤について把握できていない可能性もあります。

安全性

コーナーは丸く加工してありますか。天板の前面や角はもちろん、
開いた状態のドアの角は特に気になるところです。ドアを開いた状態で角が小さなお子様の顔や目に当たると非常に危険です

ドアのヒンジ周り

ドアのヒンジ部分に気を使って設計されているか。丁番まわりに指詰めの危険性が無いかどうかについてもチェックしましょう。

長く使えるか

1歳になる前から小学校低学年までの6〜7年使うおままごとキッチンですので、
交換パーツの供給や、修理が可能かどうか事前に確認しておく必要があります。
また、お子様が大きくなるにつれて、好みが変わっていく事も考えられますので、デザインや色についてもよく検討してください。

大きさ

価格の事だけを考えて小さすぎる商品を選ぶ事は避けましょう。小さすぎる商品はごっこ遊びの醍醐味が得られません。別に購入した、切れるお野菜や、お鍋その他の小物とサイズが合わない可能性があります。
あるいは、大きくなっても使えるようにと、ごっこ遊びとして適当ではない大きすぎる商品を検討していませんか。
近年大きなおままごとキッチンが多くなっています。おままごとキッチンらしい可愛らしさが損なわれていたり、部屋の大きさとのバランスが合わない事がないように注意が必要です。
1〜3歳位までは立ってお料理。それより大きくなったら座ったり立膝で遊んだりできるサイズが使いやすい大きさです。2、3歳の時に一番適したサイズを目安に探すと良いでしょう。

価格と品質のバランス

安い商品にはそれなりの理由があるかもしれません。安い材料を使っていたり、キッチンの仕上げに気を使っていなかったりするかもしれません。

見た目ももちろん重要ですが、長くお使いいただく商品ですので、材料の質や、丁寧な組み立てが大事なポイントです。
MDFやラバーウッド、合板、フィンガージョイントの材料等を利用して、蝶番などの金具を用いて組み立て、ラッカー塗装すれば非常に安価な商品を提供する事ができます。むくの木を使用と表記していてもドアに合板を使用しているキッチンもあるのでご注意ください。

 

トッドルのこだわり

 

1,気になるコーナーは全てラウンドに加工してあります。

キッチンの各コーナーは安全の為、ラウンド加工しております。たとえばドアの場合ドアの受け側も丸く加工する必要があるために手間がかかりますがトッドルの商品はドアの先端も大きく丸く加工してあります。

2.修理をうけたまわります

万が一破損した場合にも修理が可能です。また、ノブやツマミその他のパーツも提供します。

3.可愛らしくかつ使いやすいサイズ

トッドルのキッチンは天板までの高さ、調理器具や切るお野菜のサイズにこだわっており、
かわいらしくかつしっかり遊べる大きさになっております。

4.トッドルのキッチン、冷蔵庫は無塗装で材料を厳選しています

おままごとキッチン、冷蔵庫は無塗装、もしくはなめても安心なクリア塗装をしております。(TK04,TK07)
無塗装のの商品は材質の悪さをペンキでごまかすことができませんので、
木材の品質の良い部分を厳選して使用しております。パイン材は本来フシが多くありますが、フシのない綺麗な部分を時間をかけて選りすぐって商品にしております。
また、木目の方向や色にもこだわっており、年々基準を厳しくしております。長手方向(キッチンの横幅の方向)には木をジョイントしておりませんので、木目が途切れることなく綺麗にでるように工夫しています。

5. 低価格への挑戦

贅沢な作りになっていますので、残念ながらコストは高くなります。そこでトッドルでは販売店を通さず、お客様に直接製品をお届けする事で価格を抑えるように工夫しております。

また、商品の種類をできるだけ少なくして、一定数まとめて製作することにより。手作りでありながら製造コストを抑える努力をしております。

6. おままごと一筋14年

トッドルではおかげさまでこれまで1.2万台を超えるおままごとキッチン、冷蔵庫を販売させていただきました。直接販売により、全てのお客様のデータを保有しておりますので、アフターケアも安心です。