9月24日まで、15年目記念セール第1弾

きっかけは愛子様のキッチン

「トッドル」とは“よちよち歩く”という意味

“自分たちが使いたい物を作る”私たちのプロジェクトがよちよと歩き始めて14年になりました。おかげさまでオリジナル商品も7種類になりました。

愛子様のおままごとキッチン

トッドルがおままごとキッチンを製造・販売するきっかけは、テレビで愛子様の2歳のお誕生日の映像で愛子様が使っている木製のキッチンを妻が見て、「こんなのが欲しい」と言いだした事です。
我が子も愛子様と同じ2001年12月生まれ。
それからネットで国産やドイツの商品を検索しましたがどれも非常に高く、あまり種類もありませんでした。そこで、オリジナルデザインのキッチンを作ろうという事になり、自作する技術もないためサンプルを段ボールで作り、専門家に作ってもらいました。
そのデザインのキッチンを、TK01として2004年よりトッドルの定番商品として現在も販売させていただいております。
現在では多くのメーカーの商品があり値段も様々ですが、トッドルでは「シンプル」、「安全」、「長く使える」、「お求めやすい価格」ということに重点を置いて販売しております。

ダンボール試作品の写真

ダンボールで作ったサイズ検討及び、各部の動作確認の試作品です。

試作品の写真です(2011年の状態)

試作品のご紹介

発売以来コンスタントに売れているトッドルの人気商品TK01の試作品です。
(この試作品の背面ボードはMDFで現在の商品は他の部分と同じパイン材を使用しています。)
2004年に制作したのち、我が家の子どもたちが実際に使っていた物の2011年の写真です。
写真には写っていませんが、シンクはステンレスのものをセットしていました。

商品化から現在に至るまで

基本的なデザインは変えずに販売させていただいております。

発売後数年は、ステンレスのシンクをセットしていましたが、現在の商品には定評のある野田琺瑯のホワイトホーロを使用しています。
木目も現在の商品ほどこだわっていませんでしたが、年々材料の選別及び組み立て方法に工夫を加え、
現在では、パイン材の質、木目、丈夫さ、安全正の全てにおいて格段に進化しております。

天板の五徳(ごとく)は数年前より、裏のネジを緩めて五徳を取り外し可能な構造になりました。
これにより、天板の汚れや落書きを綺麗にする場合には、一旦五徳を外して天板を磨くことができるようになりました。

また、2017頃よりオーブン扉の下端を半円に加工することにより、より指つめに配慮した構造になっております。

その他、細かな改良を毎年行っておりますので、最新のキッチンが最良のキッチンへと深化しております。

トッドルのおままごと製品の特徴

トッドルオリジナル商品はお客様に長く気に入ってお使いいただけるように一生懸命作っております。

安全性への配慮

親の目からみてシャープな角部は気になるものです。トッドルのオリジナル商品はの各コーナー部は丁寧に面取りされています。
特に扉の角は大きくラウンド加工されています。手間がかかりコストにも影響する部分です。ぜひ他メーカーのキッチンと比較してください。

塗装についても無塗装でおとどけするには質の良い部分のみを選ぶことが必要になり、ペンキでごまかすことができないためコストが高くなりますが、
たくさんの商品をお客様に直接販売させていただく事により低コストを実現しております。
(トッドルのおままごとキッチンはこれまでに12,000台以上販売させていただいております)

 

まずはパネル作りから

ニュージーランドより輸入した良質のパイン材を、
天板用、前面用、側面用、背面用、底板用などに分類して使用しています。
天板用、前面用については節がなく綺麗な木目とカラーを厳選してベトナムのおもちゃ専用工場にて1枚のパネルに仕上げたのちに組み立てを行っております。
安価なメラミン化粧板、合板、集成材などは一切使用しておりません。
パネルの品質管理は年々厳しくしております。

トッドルが原材から作るパネルの例

一般的なパインの集成材の例

無塗装

無塗装で仕上げております。
材料の品質や、組み立ての精度を、塗装でごまかすことができませんので、非常にコストがかかる部分です。
(シンプルキッチンは安全なクリア塗装をしてあります)

丁番を使用しておりません

丁番を使用することにより簡単に扉などを組み立てることは可能ですが、デザインを損ないますので
トッドルでは丁番を一切使用せず、手間をかけて組み立てております。

おままごとキッチンTK01の販売はこちら