ネット被害にあわないためのチェックポイント5つ

Read More

私の周りでもネット被害やインターネットでの商品購入のトラブルの話を多く聞くようになってきました。
ここ数ヶ月で急増している印象です。
そこで基本的な注意事項を5つ説明させていただきます。



1.特商法に基づく表示を確認しましたか?
 インターネット上のショップを利用する際にはかならず、
 「特商法に基づく表示」を確認しましよう
 ここに電話番号が書いていないショップは要注意です。
 メールによる問い合わせを希望する場合でも電話番号は記載するのがルールです
2.日本語がおかしくないですか?
 サイト内の日本語がおかしい場合は注意しましょう
3.会社名
 覚えられるような会社名ですか?
 発音できないようなアルファベットの羅列のショップ名は危険な場合が多いです。
 会社名をgoogleやyahooで検索してみましょう
 ほとんど情報が出てこなかったり、
 逆に被害にあったという書き込みが出てきたら要注意
4.振込先の名義が外国人名ではないですか
 代引きで注文したのに、理由をつけて振込を依頼してくるショップは危険です
5.値段が安くないですか?
 トラブルの多いサイトは商品はかなり安い価格設定になっている場合が多いです。


他にもドメインの取得会社を調べる、ドメインの取得した時期を調べるのもサイトを判断する良い方法です。